読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロとカラダのHealthy Life

毎日を健やかに幸せに過ごすためのヒントを探して

vol.36 ワタシがリワークを選ばなかった理由

休職して半年が過ぎ、朝起き夜寝ることができるようになった頃、産業医の先生からリワークというものを勧められました。

 

休職中の人がスムーズに復職できるよう、出勤練習をするプログラムのことで行政、民間、医療それぞれ様々なものを提供しています。

 

詳細なプログラムは運営元によって異なりますが大まかな内容は朝9時から午後3時頃まで、PCワーク、認知行動療法、スポーツなど集団行動を通じて社会復帰を目指し、復職後の定着に効果があると言われています。

 

人見知りのワタシとしてはなるべく行きたくないなぁと思いつつ、家にばかりいた休職生活から急に会社生活に戻る不安が大きかったので、いくつかの機関を見学し、合いそうなところを探してみようと思いました。

 

見学したところは行政と民間、各1つずつ。

医療機関が提供しているところのほとんどが見学を受け付けておらず、主治医変更が必須なところも多かったので、選択肢として優先度は下げました。

 

最初は民間が運営しているところで家から電車で20分。ドアtoドアで40分ほどの通勤時間のところでほどほどの距離感があり、通勤練習には適していたのですが、雑居ビルの一室に多くの人が集まっていて、何より…男臭かったんです(^_^;)ニオイに敏感なワタシとしては致命的だったのでそこは断念。

 

続いて、行政が運営しているところで、こちらは家から電車で2駅。自転車でも通えるほどの距離感でちょっと近過ぎるかな?とも思いましたが行ってみました。

そこは建物自体は大きくゆったりしたスペースでプログラム内容も多岐にわたり、料理、木工、スポーツ、観劇などもw

見学人数が多く同時期に入る人も多そうでいいかな、とも思ったのですが、いかんせん建物が古く、暗い。。

更にプログラムが多岐にわたりすぎPCワークが中心だったワタシにはあまり出勤練習にならないかな、と思いこちらも断念。

 

リワークもお金がかかるものなのでワクワクできるところに行きたいな、と思ったのですがなかなか見つからず、それどころかリワーク行きたくない。だから早寝早起き頑張る!

というモチベーションになり生活が整うようになりました/(^o^)\

 

リワークでうまく復職された方も多いと思いますが、せっかくの休職期間。やらされ感ではなく、やりたいことをやろう。探そう、と思ったのでした。