読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロとカラダのHealthy Life

毎日を健やかに幸せに過ごすためのヒントを探して

vol.37 パニック発作が起きる時

毎日書こうと思っていたブログですが、2日間空いてしまいました。

今回のお休みは発作です。

久々に全身のしびれと痙攣で救急車に運ばれてしまいました。

場所は自宅で幸い夫が帰宅直後だったので助かったのですが、一人だったらどう対処すればよかったのだろう、と少し怖くなります。

発作原因はハッキリしたものはわからず、胃もたれしてるなか料理をしていたら気分が悪くなり発作がスタート。

急いでソラナックス、リーゼ、ナウゼリンを飲み込む。

夫も帰ってきてくれたしもう大丈夫だ、と思ったのに発作が収まらない。

カラダがしびれていくごとに、こわい、こわい、という思いが支配して最終的には臓器も痺れる感覚に…

パニックでは死なない、そうアタマでわかっていても、何度発作を経験しても、深刻化すると「このまま息が止まってしまうかも」という思いがよぎります。

救急搬送後、安定剤を点滴してもらいしびれも震えも収まり発作スタートから2時間ほどで帰宅できました。

 

皆さんはどんな時にパニックになりますか?

私はどこでもなります。

飲食店、スーパー銭湯、美容院、ネイルサロン、電車、タクシー…

初めて会う人といる時になることもあれば慣れ親しんだ友達との食事中にもなり、パターン特定が自分でできておらず、それを助けてもらうため行ってるカウンセリング中にもなってしまうほどです。。

 

強い発作が起きた1日も昼間は元気だったのに、なんで起きてしまったのか…

思い当たることといえば4月からの復職。

自分の気持ちとしては復職を決めてるけれどカラダがそれを拒否してる。

まるで、ワタシにも構ってーー!って叫んでるようです。

 

カラダの声も聴きつつ、もう少しゆっくり考えてみようと思います。